編集可能な SVG アイコンシステム

最終更新日: 2018年3月20日

基本的な例

SVG アイコンシステムを作成する方法は多くありますが、 Vue の機能を活かす 1 つの方法は、編集可能なインラインのアイコンをコンポーネントとして作成することです。この方法のいくつかの利点は以下の通りです:

まず、全てのアイコン用のフォルダを作り、簡単に検索できるように標準化された方法で命名をしましょう。

components/icons/IconBox.vue
components/icons/IconCalendar.vue
components/icons/IconEnvelope.vue

ここに全てのセットアップを見ることができるサンプルのリポジトリがあります: https://github.com/sdras/vue-sample-svg-icons/

Documentation site

スロットを使うベースアイコン (IconBase.vue) コンポーネントを作成しましょう。

<template>
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"
:width="width"
:height="height"
viewBox="0 0 18 18"
:aria-labelledby="iconName"
role="presentation"
>
<title
:id="iconName"
lang="en"
>{{ iconName }} icon</title>
<g :fill="iconColor">
<slot />
</g>
</svg>
</template>

あなたはこのベースアイコンをそのまま使うことができます。あなたのアイコンの viewBox に応じて viewBox を更新することだけは必要かもしれません。ベースには、widthheighticonColor 、そしてプロパティで動的に更新できるようにアイコンのプロパティの名前を作ります。その名前はアクセシビリティのために <title> コンテンツと id の両方に使用されます。

スクリプトは次のようになるでしょう。いくつかのデフォルトを持っているので、デフォルト以外を宣言しない限り、アイコンは一貫して描画されます:

export default {
props: {
iconName: {
type: String,
default: 'box'
},
width: {
type: [Number, String],
default: 18
},
height: {
type: [Number, String],
default: 18
},
iconColor: {
type: String,
default: 'currentColor'
}
}
}

塗りつぶしのデフォルトの currentColor プロパティは、アイコンを囲むテキストの色を継承させます。私たちが望むのなら、プロパティとして別の色を渡すこともできます。

アイコンの中にパスを含む IconWrite.vue の内容のみでそのように使うことができます:

<icon-base icon-name="write"><icon-write /></icon-base>

もし、多くのアイコンのサイズを作成したいなら、とても簡単にすることができます:

<p>
<!-- プロパティとして小さな `width` と `height` を渡すことができます -->
<icon-base
width="12"
height="12"
icon-name="write"
><icon-write /></icon-base>
<!-- あるいはデフォルトを使うことも可能です。デフォルトは18です -->
<icon-base icon-name="write"><icon-write /></icon-base>
<!-- あるいはすこし大きくすることももちろん可能です :) -->
<icon-base
width="30"
height="30"
icon-name="write"
><icon-write /></icon-base>
</p>

アニメーション可能なアイコン

アイコンをコンポーネントの中に保持させておくことは、アイコンをアニメーションをさせたい時、特にインタラクションにおいてとても便利です。インライン SVG は、あらゆるメソッドのインタラクションに対して最も高いサポートを持っています。以下は、クリックでアニメーションするアイコンのとても基本的な例です:

<template>
<svg
@click="startScissors"
xmlns="http://www.w3.org/2000/svg"
viewBox="0 0 100 100"
width="100"
height="100"
aria-labelledby="scissors"
role="presentation"
>
<title
id="scissors"
lang="en"
>Scissors Animated Icon</title>
<path
id="bk"
fill="#fff"
d="M0 0h100v100H0z"/>
<g ref="leftscissor">
<path d="M..."/>
...
</g>
<g ref="rightscissor">
<path d="M..."/>
...
</g>
</svg>
</template>
import { TweenMax, Sine } from 'gsap'

export default {
methods: {
startScissors() {
this.scissorAnim(this.$refs.rightscissor, 30)
this.scissorAnim(this.$refs.leftscissor, -30)
},
scissorAnim(el, rot) {
TweenMax.to(el, 0.25, {
rotation: rot,
repeat: 3,
yoyo: true,
svgOrigin: '50 45',
ease: Sine.easeInOut
})
}
}
}

動かす必要のあるパスのグループに refs を適用し、そしてハサミの両側は連携して動く必要があるので、 refs を渡すところで再利用できる関数をつくります。 GreenSock を使うとブラウザ間のアニメーションサポートと transform-origin の問題を解決してくれるでしょう。

Pen を見てください編集可能なアイコンシステム: アニメーションするアイコン by Vue (@Vue) on CodePen.



とても簡単に完成しました!そして即座に更新をすることが簡単です。

こちらのリポジトリでより多くのアニメーションの例を見ることができます。

補足

デザイナーは気持ちを変えるかもしれません。プロダクトの要件は変わります。全てのアイコンシステムのロジックを基本となる 1 つのコンポーネントに保持しておくことは、全てのアイコンを素早く更新でき、それがすぐシステム全体に伝播することを意味します。アイコンローダーを使用しても、場合によってはグローバルな変更をさせるために全ての SVG を再作成したり編集したりする必要があります。この方法はその時間と苦痛からあなたを救うことができます。

このパターンを避ける時

このタイプの SVG アイコンシステムは、サイト全体で様々な方法で使われているアイコンをいくつか持っている時にとても便利です。もし 1 つのページで何回も同じアイコンを繰り返しているのなら(例 各行に削除アイコンのある大きなテーブル)、 全てのスプライトをスプライトシートにコンパイルして <use> タグを使ってロードする方が有意義でしょう。

代替パターン

SVG アイコンの管理に役立つ他のツールは以下を含みます:

これらのツールは、コンパイル時に SVG をバンドルしますが、ランタイム中にそれらを編集することが少し難しくなります。なぜなら <use> タグは、より複雑なことをしようとする時に奇妙なクロスプラウザの問題を持っているからです。それらは 2 つにネストされた viewBox プロパティと 2 つの座標系を残します。これが、実装を少し難しくします。